求人活動をする上で担当者が留意すべき事柄

求人数は、景気の動向に大きく左右されます。そのため、数年前のリーマンショック時には、ほとんど採用がなく、その中で優秀な層を確保しようとする企業は、比較的成功した企業が多いと言えます。不況時には、企業によるリストラも進むため、求職者が多くなることとなります。先を見据えて優秀な人材を確保しておこうという場合には、不況時はチャンスであると言えます。他社と同じように採用を抑えていては、将来的な発展が見込めないからです。求人広告で訴求する層の把握は、重要なポイントです。どのような経験やスキルのある人が欲しいのかといったことを社内で情報共有し、また集約して担当者がしっかりと把握する必要があります。本当に欲しい人材をしっかりと人事担当者が理解をして、募集活動に臨む必要があります。限られた経費のなかでいかに結果を出すかということをよくアイデアを出し、それを具現化していく努力が求められるのです。